ロッテ藤原恭大の50m走は速い?俊足?歴代プロ野球界では何位?【先頭打者ランニングホームラン】

アフィリエイト広告を利用しています。
トレンド
スポンサーリンク

2023年2月19日のロッテ対ヤクルトの練習試合で、先頭打者ランニングホームランで球場を湧かせた藤原恭大選手。

走塁技術もさることながら、ぱっと見でも走りが速いですね。

ランニングホームランが出来る選手は一握りだと思いますが、それだけ藤原選手の走りは速いということなのでしょう。

では藤原選手はどの位速いのでしょうか?50m走のタイムで確認しました。またプロ野球界では何位くらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

ロッテ藤原恭大の50m走は速い?俊足?

50m走はどの位のタイムでしょうか?

結論から言いますと、「5秒7」です。

ちなみに日本記録は陸上の朝原宣治さんの「5秒75」。

世界記録を持つウサイン・ボルトさんの記録でさえ「5秒47」でした。

藤原選手はかなりの俊足であることがわかりますね。

歴代プロ野球界では何位?

歴代プロ野球界においては、5秒7の快足でも18位までに入れないということがわかりました。

ちなみに1位はオリックスで活躍した早川大輔さんで、「5秒3」とのことです。

世界記録より速いとは・・・恐ろしい脚力ですね。

プロ野球選手の50m走は手動測定のため正式記録ではありません。

まとめ

本記事では、藤原選手の50m走のタイムの確認と、プロ野球界では歴代何位くらいなのかまとめました。

藤原選手は俊足であることは間違いなく、且つ高い走塁技術も持っていると思われます。

今後、公式戦が始まっても再びランニングホームランという快挙を達成して欲しいですね。

トレンド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
anzu0807をフォローする
スポンサーリンク
anzu BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました