イェゴンヴィンセント(東京国際大)の今後の進路は?プロフィールも!【箱根駅伝2023】

トレンド
スポンサーリンク

2023年1月2日の「第99回箱根駅伝」で第4区を走って1:00:00というタイムで区間新記録を出した東京国際大学のヴィンセントさん。

力走後は59:59で空前絶後の59秒台を叩き出した?と思われましたが、1:00:00に修正されています。

これでヴィンセントさんは大学在学中に第2区~第4区までの3区間の区間新記録を樹立して卒業ということになりました。

とんでもない記録を残したヴィンセントさんですが、今後の進路が気になります。

本記事では、ヴィンセントさんの今後はどうなのかまとめました。

スポンサーリンク

イェゴンヴィンセントのプロフィールは?

  • 名前:イェゴン・ヴィンセント・キベット(YEGON Vincent Kibet)
  • 生年月日:2000年12月5日
  • 出身:ケニア
  • 身長:187cm
  • 体重:68kg
  • 経歴:チェビルベレク高校→東京国際大学
  • 兄弟:5人兄弟の長男

ヴィンセント選手はアフリカ大陸のマラソン強豪国であるケニア出身です。

身長も187cmと高く、長いストライドから繰り出されるストライド走法は驚異ですね。

また、兄弟は5人いて長男です。長男ということもあって家族を支えるという思いが人一倍強く、それが結果に出ているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ケニアにいた時は?

ヴィンセント選手は、幼い頃、軍人になることを将来の目標にしていたそうです。

ただ、子どもの頃から体を動かすことが好きだったそうで、陸上にも興味を持っていたようですね。

2016年からケリチョカウンティ・リテインの陸上クラブに所属。本格的に陸上を始めていきました。

大学時代は?

2019年4月にヴィンセント選手は日本にやってきました。そして現在の東京国際大学に入学します。

ヴィンセント選手は当時から高い実力を持ち、1年生の箱根駅伝で3区を任されました。そして、区間新記録で区間賞を獲得しています。

これには視聴者も大きな衝撃でした。

そして2023年現在、3つの区間の新記録を打ち立てました。

箱根区間記録

1区吉居大和

2区イェゴン・ヴィンセント

3区イェゴン・ヴィンセント

4区イェゴン・ヴィンセント

5区宮下隼人

前代未聞の記録ですね。本当にスゴいです。

ヴィンセントの今後の進路は?

東京国際大学卒業後、ヴィンセント選手は実業団のHondaに入社し、陸上を続けることが決まっています。

Hondaに入社するということは、ニューイヤー駅伝に参加する可能性があるということですね。

ここまでの記録を打ち立てての参加ですから、視聴者も楽しみになります。

まとめ

ヴィンセント選手のプロフィールと今後の進路についてまとめました。

ケニアから来日し、東京国際大学に留学し、そのまま卒業後はHondaに入社することが決まっています。

今後は、ニューイヤー駅伝に出場し、フルマラソンにも参加していくでしょう。

とても楽しみですね。

【ヴィンセント選手が履いていたと話題のアディダスのシューズ】

▼関連記事

関東学生連合・新田颯の逃げはパンサラッサの如し!どんな人?【第99回箱根駅伝】

山の妖精・山本唯翔の出身中学校や高校・大学などの学歴って?【箱根駅伝2023】

箱根駅伝の歴代の最強留学生は誰?間違いなくヴィンセント!

コメント

タイトルとURLをコピーしました